kei-fuについて

私たち”kei-fu”は、地域の丁寧なリサーチに基づいたものづくりやことづくりを通して、その地で暮らす人々や土地の固有性を再発見し、これからの世代につながる地域の文化を育てる手助けをしていきたいと考えています。

文化は植物と似ています。
美しい花も、水をやらないと枯れてしまいます。
種を蒔いても、土が豊かでないと、芽が出なかったり、大きく育つことがありません。
数千年の樹齢を持つ大木のようなものもあれば、芽が出たばかりの苗のようなものもあります。
その土地の気候や環境といった風土がそこに育つ植物を選び、その植物が人々の暮らしに影響を与えるという循環の中にあります。

kei-fuは「恵みの風」と書きます。
その土地の文化を優しく育む、恵みの風のような存在となれるよう、活動をしていきたいと考えています。